So-net無料ブログ作成

黄葉とひっつきむし。 [空・自然]

晩秋もようやく暮れた九州。


 


さすがに窓を開けて寝るのはやめたちりめんです。みなさんこんにちは。


 



 


さぁ、冬です。

インフルは恐いけれど(因みに本来の(西欧の?)略し方は”flu”「フルー」なんですよ)、冬好きな私には幸せの季節がやってきます。


 



 



 


と。

その前に、今年の秋の置き土産をup。

TS3E2054.JPG

TS3E2055.JPG

TS3E2056.JPG

 うん、黄色がきれいだ。 

そういえば、色々季節の植物を記事にしてきたけれど、イチョウはなかったなーと思って慌てて写真を撮ったのでした。

去年も一昨年もその前も、秋にはイチョウにまみれた道をざくざく歩いていたと言うのに。 


 


ちりめんの地元ではもみじ等の赤い葉の木々よりも、イチョウの方が圧倒的に多いので、秋といったら、「紅葉」というより「黄葉」といった感じです。

この黄色をみて、あぁ、今年も秋がやってきたなと思うんですよね。 


 



 



 



 


そんなイチョウの写真を撮った帰りで、わき道にこんな植物発見。

TS3E2057.JPG

おそらく「アメリカセンダングサ」という名です。

知ってる人は知っておられるでしょう。「くっつきむし」の類ですね。

 TS3E20580001.JPG

こんなみすぼらしい姿してても、私にとっては懐かしい植物。

油断するとこのとげとげタネが服にくっついて大変なんですよね。


 


むかーしむかし、ちりめんが記憶もあやふやなくらいまだ小さかった頃、じいちゃんが山に行くのについていって、毛糸の服にしこたまつけて帰って、えらい目みたのが、この「アメリカセンダングサ」でした。


 


加えて、「オナモミ」(ドラゴンフルーツを豆サイズにしたような形のタネをつける植物です)も結構つれて帰ってたかな?

それから今日までちらとも見かけなかったので、山に生える植物とばかり思ってました。

思えば昔は、何もないような草原で日が暮れるまで遊んでましたね。


 


他のシーズンに比べてイベントの少ない秋。

皆さんはどんな思い出があるのでしょうね?^^ 


 



 



 


さて最後に。


 


10月に更新してからというもの、また一月タイムスリップしてしまいました。

あ!これおもしろい!と思っていても、怒涛の日々に流され、気がついたら遠~いところまできていることが多々。

さびし~い気持ちでその画像を消去することがよくあります。


 


…うん、がんばろう。


 



 


ウィットとレディ相も変わらず元気ですよ。

また、クリスマスか年末年始にお目見えさせる予定ですので、かわいがってやってくださいね。


やつらもきっとちりめんを足蹴にして喜びます。

 



 


それでは、インフルには気をつけて、、、今年も残りわずか!楽しみつつがんばりましょう!^^

 


                                                              *end*


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0